生涯健康に過ごしたいなら自然素材の家を選ぼう

暮らしやすい場所

一軒家

安心できるところ

30代で家を建てると、会社をリタイヤする60歳には家のローンも終わり、老後の生活を考え始める時期になります。しかし、一方で持ち家は築年数の経過により、あちこちにほころびが出る時期でもあり、補修し続けるか、大規模なリフォームをするか、あるいは手放して建て替えをするか、という選択を迫られることになります。岡山では、特に南部地域は比較的温暖気候であり、自然災害がほとんどないということから、老後に住む土地として人気があります。また、岡山は比較的土地価格が安いということもあり、新築、中古一戸建てを問わず、新居を構える人が多くなっています。岡山では、郊外に行けば広々とした家も多く、駐車場付きはもちろんのこと、畑用の土地が敷地内にある中古一戸建ても少なくありません。現在、多く出てきている物件の中には、バリアフリー対応の中古一戸建ても少なくなく、老後を考えた場合でも問題なく生活することができます。また、この時期の中古一戸建て物件は、エコロジーが叫ばれ始めた時期でもあり、太陽光発電を取り入れた家や、オール電化の家も出てきています。岡山の不動産を探すときには、全国にチェーン展開している不動産業者に相談するのもよいですが、同時に地元密着型の、より地元に詳しい不動産業者にも相談することで、思わぬ物件に出会うことができる場合があります。どちらにしても、広告に掲載されていない物件も多いことから、直接問い合わせてみることが得策です。